テクニカル・ドキュメント [PART 2]

テクニカル・ドキュメント [PART 2] DIDとは「識別子」である テクニカル・ドキュメント[PART 1] では、非中央集権的な分散型アイデンティティ「DID」(Decentralized Identity) は、Webページと同じような仕組みで、所有者を表すブロックチェーンアドレスを指定するユニークな識別子とのことを詳しく説明しました。しかし、DIDは、「DIDドキュメント」というデジタル文書(DDOとも呼ばれ)へのアクセスを許可するアドレスです。 テクニカル・ドキュメント[PART 1] では、非中央集権的な分散型アイデンティティ「DID」(Decentralized Identity) は、Webページと同じような仕組みで、所有者を表すブロックチェーンアドレスを指定するユニークな識別子とのことを詳しく説明しました。しかし、DIDは、「DIDドキュメント」というデジタル文書(DDOとも呼ばれ)へのアクセスを許可するアドレスです。 XSL LabsのSDI(Secure Digital Identity)は分散型識別子(DID)を活用するプロジェクトです。つまり、SDI技術というのは、パブリックブロックチェーン上で、DIDドキュメントを取得する非中央集権的な分散型識別子です。従って、この仕組みは「SDI ドキュメント」と呼ばれます。 DIDは「DIDドキュメント」に関連 DIDドキュメントは、本質的にユーザーの「公開プロフィール」です。大量のデータを保管するつもりありませんし、パブリックブロックチェーンを利用するため、ユーザーの名前、生年月日などの個人情報を基本的に保管・保存すべきではありません。 DIDドキュメントの可能な内容を定義する標準化制度の「努力」のおかげで、様々な「タイプ」(種類)のデータをDIDドキュメントに追加することはとても簡単ですので、後で説明します。 革新的な業界と努力する標準化活動について ディセントラライズド・アイデンティティについての研究は最近のもので、自己主権型アイデンティティ(Self Sovereign Identity 「SSI」)に関連しています。このSSIというのは、管理主体(企業)が介在できず、本人は自分自身の個人情報を保有できるだけでなく、ストーレージやコントロールをすることもでき、保有・保管・管理ができる仕組みで、データ情報を提出する際、または、検証可能にしたい場合(クレデンシャル)、信頼できる「仲介者」へ依頼する必要ない概念です。 2017-2018年頃に、分散型IDは初めてブロックチェーンを使用しました。同じ頃に、マイクロソフトよりのビットコイン実験、イーサリアムブロックチェーン上でuPortコントラクトの公開及びパブリックブロックチェーン「Sovrin」と「Ontology」の使用などもされました。 下記の先行研究の取り組みのおかげで、現在のソリューションを開発できました。(網羅したリストではありません) Pretty Good Privacy (PGP) の生みの親、フィル・ジマーマン氏の「Web of Trust」 (閲覧サイトの信頼性を表示する拡張機能)(90年代) カール・エリソン氏の「認証局のないID」についての出版(90年代)…

Continue Readingテクニカル・ドキュメント [PART 2]