W3C : DIDのためのユニークな標準化へ

  • Post author:
  • Post category:Uncategorized
  • Post last modified:September 9, 2021
  • Reading time:3 mins read

W3C : DIDのためのユニークな標準化へCERN(欧州原子核研究機構)を退社する前に、ティム・バーナーズ・リー氏は1994年10月に、ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム 「W3C」を創設した。*1  NPO(非営利団体で)であるWC3のミッションは、Web技術の標準化を推進するために新たな標準に合意し、互換性・均一化を確保することを目的として生まれた。   W3Cはマサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学研究所 (MIT/LCS)でうまれたが、1995年からにフランス国立情報学自動制御研究所 (INRIA) が欧州担当の運営組織(ホスト)になり、1996年には慶應義塾大学がアジア担当のホストとなった。1990年代後半以降に普及したインターネットのため、W3CはWebガイドライン(標準)を開発し、世界中に広めた。国際的な参画を促進する為、現在20カ国と地域にW3C事務局を92支局開設している。WC3はインターナショナル的な組織になった:450社を超えるパートナー企業と共に、WC3チャーター(特許)の規則尊重を確実に行われる、未来のインターネットの新しい標準を確立するスタッフが60人いる。 URIとDIDの標準作成スタンダード(標準化)ワールド・ワイド・ウェブのための普遍的で規範的なストラクチャーを作成することを目的としてW3Cを創設した。このように、W3CはWebの世界の標準化に貢献しようとする技術力のおかげで、使用や開発が可能となった。「ワールド・ワイド・ウェブとは、インターネット全体とURI (ユニフォーム・リソース・アイデンティファイア) により参照されるすべてのリソースを含むユニバーサルスペース」として定義されている。ティム・バーナーズ・リー氏の初期案及びWebの初めての実装に従って、技術力がほとんどなかった仕組みであった:ユニフォーム・リソース・アイデンティファイア(URI)、ハイパーテキストトランスファープロトコル (HTTP) および ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ(HTML)を使用した。 *2W3Cが、多くのWeb開発者によって日常的に使用される標準(CSSやXMLなど)を持っている技術としてよく知られている。しかし、Webデザインと、アプリケーション、Internet of Things(IOT)、Webアーキテクチャ、ソーシャルWebプロトコル、セマンティックWeb、サービスのWeb、ブラウザー、オンライン支払いなどを含めて、現在、W3Cメンバーはあまり知られていない多くのスタンダードを開発している。ワーキンググループ新しいW3C標準は、特定の「チャーター」(憲章) によって管理されるテーマ別ワーキンググループ内で開発されている。このチャーターは、ミッションの範囲、使用される方法および各グループの運用ルールを指定する。グループの構造は、W3Cが採用した「スタッフ・コンタクト」とW3Cメンバーである1人または2人の会長より運営される。さらに、10~100名以上の人が参加することが可能になり、基本的に、非常に能動的な参加となり、スタッフメンバーの方は、「オブザーバー」というもっと受動的な役割を果たす。専門家を招待する場合もあり、メンバーとしてディスカッションへ参加することができる。DIDワーキンググループは、以前Evernym社で働いた、現在チェアマンのBrent Zundel氏、専門家Daniel Burnett氏および「スタッフ・コンタクト」の担当者 Ivan Herman氏で構成されている。さらに、グループ内には、97人の参加者もいる(5 人の専門家を代表する40組織を含む)。 W3C DID ワーキンググループ:ストラクチャー&メソドロジー2019年より、W3CワーキンググループはDIDのためのスタンダード(標準)を作成している。*3(XSL Labが掲載した記事にて解説した*4) 実は、DIDの本質的な構造はURIというWeb のSEO(検索エンジン最適化) の構造と同じような仕組みである。「URIは、 HTTPとHTMLより不可欠となり, 全体のインターネットリソース(ドキュメント、人等のリソース)を参照する単純な文字列である。さらに、URIはWebのすべての部分を一緒に抱える「ノリ」」である*2 つまり、DIDはURIのように、リソースを参照する文字列である。DIDドキュメントと検証可能なで構成されるシステムと関連し、URIが開発される「環境」のおかげで、この特定のURIを分散型の識別子にすることができる。DIDワーキンググループは、分散型の識別子のために理論的・技術的な標準を定義することを目的とする。各メンバーは、共通標準の作成に貢献している。特に、ワーキンググループは DIDメソッドの相互運用性(インターオペラビリティー)を保証し、ルールを設定するため、開発されたさまざまなDIDのために共通の技術基盤を提供できる。…

Continue ReadingW3C : DIDのためのユニークな標準化へ