エコシステムのKYC

  • Post author:
  • Post category:Uncategorized
  • Post last modified:September 9, 2021
  • Reading time:1 mins read

XSL LabsエコシステムのKYC 以前、掲載した記事では、「検証可能な資格情報」(ヴェリファイアブル・クレデンシャル「VC」)または検証可能なリファレンスについて詳しく説明しました。XSL Labsが開発したエコシステムのコアでは、個人に関連する識別情報と証明書は、インターネット・オブ・トラストのフレームワーク内で、SDIサブジェクトのデータの整合性と有効性を検証することができるソリューションです。 物理的な世界とデジタルの世界でのインタラクションの信頼を得ることは本当のチャレンジです。 同時に、物理的な世界の方では、個人情報のコントロールはどんどん厳しくなっています。 2000年から、特に金融活動における規制の進化のせいで、企業と顧客にたいして制限をますます課しています。 さらに、この制御を実装するのは企業にとってコストを増大させていますので、RegTech(レグテック)(規制「Regulation」と技術「Technology」を組み合わせた造語)が生まれ、金融活動における規制上の義務を果たすためのテクノロジーを開発しています。 実際、この規制措置を行う義務を果たすために、実施される企画は4,800万ドルと見積もられており、世界の巨大金融機関の10%では、1億ドルを超えています。 この問題を解決するため、分散型アイデンティティ(DID)を使用したら、規制上の課題に対応し、ビジネスのコストを削減できる効果的な手段として考えられています。一般的に言うと、XSL LabsのSDIなどのソリューションのおかげで、デジタルの世界を進化させるため信頼できるネットワーク(インターネット・オブ・トラスト)を構築しています。 「Know Your Customer」とも呼ばれるKYC(顧客確認)は、企業は顧客の受け入れに対して明確な方針と手続きを持っているため顧客の身元確認を行う必要があるという指針となります。 例えば、口座開設を申し込む場合、本人確認手続きが必要で、その手続きを行っている人が本人かどうかを確認するプロセスです。個人身元の証明(公的な住所の証明、身分証明書等)を本人より提供することが必要です。KYCは、新規に顧客が口座開設を行う際のみ行う手順きです。 KYCと密接に関連しているAML(マネーロンダリング防止の略)は、犯罪者集団によるマネーロンダリング(詐欺など)を防ぐための企業や組織より行われている対策のことを指しています。 この企業は、リスク評価、顧客と関連付けている受益者の本人確認の識別・検証、登録の時・取引関係の時のデューディリジェンスに対する対策、報告関連義務、内部統制監査、資産凍結までなどの義務を負う場合もあります。 環境が変化するにつれて、特定の規制基準が開発されており、他の業界に影響を与えるでしょう。それを超えて、デジタルの世界は物理的な世界と非常に密接な関係を形成しているため、デジタルの世界への信頼は不可欠であり、本当のチャレンジだと思われています。デジタルサービスはすでに皆さんの日常生活の一部ですが、デジタルですので、目に見えないサービスが多いです。したがって、アイデンティティが検証されたら、デジタルインタラクションについての信頼を確立・維持することが重要です。このため、先ほど述べたように、規制のプロセスが必要ですので、我々はSDIテクノロジーの開発と使用においてKYCメカニズムに依存している理由です。 我々のエコシステムでは、ONEアプリがKYCサービスの統合を可能にします。KYC認証を取得したら、その証明を見せる(送信)ことができるおかげで、全当事者間の信頼を構築し、インターネット。オブ。トラストに向かって一歩を踏み出します。 また、KYC仕組み(メカニズム)により、作成されたSDIは、登録する際にその特定の規制基準を満たすサービスに正当であることと見なされます。 SDIを作成すると、最初は未確認のステータスになります。つまり、所有者のデジタルIDは不完全であることを意味します。 KYCプロセスにより、SDIをアップグレードして検証できるようになります。 この検証は、身分証明書に含まれる個人データだけでなく、指紋や写真(顔認識)、さまざまな証明書(例:許可証、卒業証書など)等の生体認証(バイオメトリクス認証とも呼ばれ)を含みます。SDIユーザーのニーズおよびサービスをご利用希望の方についての詳しいデータも検証できる仕組みです。 これは、2段階のプロセスになります。 最初のステップはKYCの作成です。 現在、XSL LabsはKYCの自動化されたサービスになることはできません。したがって、最初は、このKYCサービスの正当性は、外部ソリューションに依存します(特にサービス登録の際)。 KYCサービスは、信頼できる発行者としてエコシステムに統合されます。 このように、発行者のIDを確認できるため、IPFS上、KYCサービスの公開プロファイルが閲覧可能になります。 次のステップは、XSL…

Continue ReadingエコシステムのKYC

ゼロ知識証明 (ゼロ・ナレッジ・プルーフ)

  • Post author:
  • Post category:Uncategorized
  • Post last modified:June 7, 2021
  • Reading time:2 mins read

ゼロ知識証明 (ゼロ・ナレッジ・プルーフ) 大手企業には個人情報の課題は大きなチャレンジとして考えられています。IT個人のGAFAM及びソーシャルメディアからのユーザーの個人情報を不適切な乱用され、マーケティング戦略のため、第三者へこの重要な情報を売ったり、利益は数百億円を突破したりしています。*1 世界の皆さんの個人情報が使われています。そして、非常にパワフルなツールが開発されているため、個人情報の収集・分析をすることがとても簡単になりました。 個人情報で利益を出す企業の「データビジネス」よりも、2018年、選挙コンサルティング会社の英ケンブリッジ・アナリティカによりフェイスブック利用者のデータの不正共有についてのスキャンダルは、民主主義を危険にさらすということを示しました。 Web広告の分野では、データを収集・分析します。「顧客体験を向上させる」ためと言われるが、実は、個人情報の取扱いが適切であるか、誰が、どんな目的のために取り扱うか誰にも分からなくて、謎です。 2018年5月25日から施行された「RGPD」(EU一般データ保護規則)は、データ収集を行う際、ユーザーから明確な同意を得ることを目的とした管理規則で、2021年の3月、フランス政府はこの規制を導入しました。 さらに、このデータ収集とビッグデータ以外、中央サーバーにある集中型のデータはハッカーにとても狙われやすいです。毎日、ハッキングされ、ダークウェブでは個人情報などの違法取引(売買)が横行しています。*2 XSL Labsは、本人が個人情報を取り扱うことができるソリューションを提供します。ゼロ知識証明プロトコル(ゼロ・ナレッジ・プルーフまたは「ZKP」)は、重要な情報を伝えず、真実であることのみを証明できる仕組みです。ZKP技術を活用したら、個人情報についてのトラブルを解説するソリューションだと信じています。 ゼロ知識証明の歴史 ある人(証明者「prover」または「holder」)が別の人(検証者、承認者「verifier」)に対しての対話というプロトコルです。与えられた情報が「真実であるステートメント」ということを証明する手法で、このステートメント以外の情報を相手に伝えません。80年代にGoldwasser、MicaliとRackoffにより*3「ゼロ知識対話証明」という概念が示されました。ZKPは両当事者での「相互作用」インターアクションとして、証明を提供して、確認されるシステムです。さらに、ステートメントを納得させたい証明者と、証明の正しさを確かめる検証者が存在し、納得させる暗号プロトコルです。 ZKPは三つの不可欠な性質を満たしています:完全性、健全性、ゼロ知識性。 完全性→真であることを確認する検証者は、証明する証明者のステートメントが真であるならば、「真実である」ことが必ず分かります。 健全性→証明者のステートメントが偽であるなら、検証者は高い確率でそれが偽であると見抜けます。(ですので、基本的にズルすることはできません) ゼロ知識性→証明者のステートメントが真であるなら、検証者は「真である」以外の何の知識も得られなく、これ以外の情報は提示されることはありません。 ゼロ知識対話証明(ZKIP)プロトコルは、Σプロトコル(シグマ、sigma)とよく呼ばれ、この技術を構成する3つの要素を満たしています。 信頼性→証明者(holder)は検証者へ(verifier)情報が「真実」であることを証明できると約束します。 チャレンジ→検証者(verifier)からの返事。 返答→承認の返事より証明者(holder)よりの判断。 「アリババの洞窟」の比喩 知識なしの証明を提示する仕組み(ゼロ知識証明-ZKP)をお分かりになるため、「アリババと40人の盗賊」という有名な物語に基づいている「How to explain Zero-Knowledge Protocols to your Children」*4(子供にゼロ知識証明プロトコルを簡単に説明する)を紹介させていただきます: ここで、ヒーローのアリババは財布を盗まれた。泥棒が洞窟に逃げた。洞窟は円状になって、二股の道2(A左とB右)がある。アリババは洞窟まで泥棒を追いかけたが、泥棒が右に行ったか、左に行ったか、アリババは分からない。左に行ってみたら、袋小路だ。右に行ったってことね!とアリババは思う。しかし、右の道を歩いたら、また袋小路になってしまった。…

Continue Readingゼロ知識証明 (ゼロ・ナレッジ・プルーフ)

Zero Knowledge Proof

  • Post author:
  • Post category:Uncategorized
  • Post last modified:May 21, 2021
  • Reading time:10 mins read

Zero Knowledge Proof Personal data is of crucial importance to large digital companies. The GAFAMs, and more particularly social networks exploit their users' personal data. This allows them to sell…

Continue ReadingZero Knowledge Proof

Zero Knowledge Proof

  • Post author:
  • Post category:Uncategorized
  • Post last modified:May 21, 2021
  • Reading time:12 mins read

Zero Knowledge Proof Les données personnelles représentent un enjeu majeur pour les grandes entreprises du numérique, sans s’y limiter. Les GAFAM, et plus particulièrement les réseaux sociaux exploitent les données…

Continue ReadingZero Knowledge Proof